Markdown記法で忘れやすいことをメモした備忘録。

Markdownではこう書くけどHugoテンプレまたは自作のショートコードで活用している個人的まとめも含めている。

目次

http://ichitcltk.hustle.ne.jp/gudon2/index.php?pageType=file&id=markdown_PHP_Extra_Attributes.md

Checkbox

チェックが入った状態のボックスを生成する場合は[x]を入力
前後にスペースが必要

- [ ] タスク1
- [x] タスク2
  • タスク1
  • タスク2

リンク文字

hugoは(もしくは今使っているテンプレは)URLそのままでも自動でリンク文字にしてくれる
https://hackheatharu.xyz/

[表示したい文字](URL)

[表示したい文字](URL "タイトル付けたい場合")

ブログURLの後に「#hタグのid」を付け加えるとリンク先の見出し部分を表示するリンクになる
markdownは#の名称がそのまま「id name=」になっている(日本語なら日本語のまま)
[表示したい文字](URL/#id)

同じURLへのリンクを複数箇所に設定
[表示したい文字][名前]
[名前]:URL

上付き文字でのリンク
なんらかの文章[^1]
[^1]:[表示したいリンク文字](URL)

[トップページへ飛ぶリンク文字](https://hackheatharu.xyz/)
トップページへ飛ぶリンク文字

[トップページへ飛ぶリンク文字](https://hackheatharu.xyz/ "タイトルだよ")
トップページへ飛ぶリンク文字

[この記事の見出し"リンク文字"へ飛ぶ](https://hackheatharu.xyz//arkdown-usefull-commands-with-hugo/#リンク文字)
この記事の見出し"リンク文字"へ飛ぶ

[ここ][トップページ]と[ココ][トップページ]をクリックするとトップページへ飛ぶよ
[トップページ]:https://hackheatharu.xyz/
[ここ][トップページ]と[ココ][トップページ]をクリックするとトップページへ飛ぶよ [トップページ]:https://hackheatharu.xyz/

後ろの数字1をクリックするとページ内で移動するよ[^1]
[^1]:[これをクリックしたらトップページに飛ぶし、後ろの数字をクリックしたら元の場所に飛ぶよ](https://hackheatharu.xyz/)
後ろの数字1をクリックするとページ内で移動するよ1

画像関連

![画像名](画像URL)

![画像名](画像URL "タイトル付けたい場合")

[![こうするとクリックで飛べるリンク画像になる](画像URL)](飛びたいリンク)

![Eric Bouchut's blog](http://i.imgur.com/zQmKIKNm.png)

Eric Bouchut’s blog

[![Eric Bouchut's blog](http://i.imgur.com/zQmKIKNm.png)](http://ericbouchut.com/)

Eric Bouchut’s blog

テーブル記法

| Left align | Right align | Center align |
|:-----------|------------:|:------------:|
| This       | This        | This         |
| column     | column      | column       |
| will       | will        | will         |
| be         | be          | be           |
| left       | right       | center       |
| aligned    | aligned     | aligned      |
Left align Right align Center align
This This This
column column column
will will will
be be be
left right center
aligned aligned aligned

  1. これをクリックしたらトップページに飛ぶし、後ろの数字をクリックしたら元の場所に飛ぶよ ↩︎