Linuxの導入手順と防備録(デュアルブート)

最終更新日

以下は自分でLinux(Lubuntu)をデュアルブートするまでにしてきたことの記録である。
今後Linuxを使う上での防備録としても役に立てたい。

1.導入用USBの作成からインストールまで

  1. 以下サイトからisoイメージをダウンロードする。
    Lubuntu iso Downlord
    (当時は”18.04.3 Bionic Beaver LTS (LXDE)”を選択)

  2. インストール用メディアを作成する
    デュアルブートで使用したかったので、以下のサイトを参考にUSBメディアを作成した。
    無料OS『Lubuntu』…インストール用USBメモリの作り方とPC設定!

  3. パーティションの設定
    Lubuntuをインストールするための領域を決める。
    Lubuntuのインストーラーからも設定できるが、今回はWindows側で予め未割り当ての領域(20000MBぐらい)を確保しておいた。
    Windows側でパーティションの設定をするには、以下のリンクを参考にして行った。
    NTFSディスクのパーティションサイズを変更してWindowsとLinux Mintのデュアルブート

  4. インストールを開始
    BIOS側の設定が正しく反映されていれば以下の選択画面が表示される。

    インストール画像

    “Install Lubuntu”を選択後、以下のリンクの通りに作業すれば問題なくInstallされるはず。
    Lubuntu 13.10 その2 – Lubuntu 13.10のインストール( ライブメディアから起動 〜 インストールの種類)

  5. Lubuntuを起動する
    Installに成功していれば、PCの電源を入れると”起動するOSを選択する画面”が表示される。
    Lubuntuにカーソルを合わせてEnterを押せばOK。
    もちろんWindowsならWindowsが立ち上がってくれる。
    しかし、私のPCではなぜか名称が”Lubuntu”ではなく”Ubuntu”になっている。
    が、Ubuntuを選択して起動したら、しっかりとLubuntuが立ち上がってくれる。
    (ここだけ調べてみても何故なのかわからなかったが、特に問題ないので放置することにした。)

2.インストール後にやった環境設定

ディレクトリの日本語表記を英語に変更した。
GIFに関して
CapsLockをCtrlに変えたので、変換メソッドの切り替え(Shift+CapsLock)やESCの代わり(CapsLock+角括弧)を使うようにした。

ちなみに.Xmodmapの内容を全部消して再起動すれば、これを初期化できる。

タッチパッドに手のひらが触れてカーソルが動くのを防止した。
[Eye of GNOME]をインストールして画像ビューはターミナルで[eog]と打てば表示されるようにした。
コンソールの文字化け対策

3.vim環境設定(.vimrcの設定)

vim全般に関わる設定

URLが書かれた文字列上で[gx]と入力するとブラウザで表示されるようにした。
ディレクトリツリーを表示できるプラグイン[NERDTree]を導入した。
全角スペースのハイライト設定
文字化け対策

全角文字が重ならないようにする設定

auto fcitx(挿入モードからコマンドモードになった時、自動的に半角英数にする)

markdownの為に設定したこと

NeoBundle設定
.vimrcとNeoBundleでMarkdownの環境を構築した。
mdファイルをHTMLに変換するためにPandocを導入した。
pandocでMarkdownをHTMLに一発変換したりCSSを適応して変換するコマンド


vim-quickrunがpandocに文章を渡すための設定
vim(markdown)からWordPressの記事を投稿できるようにした
markdownで作成したWordPress記事のリンクを別タブで開けるようにする

[.vimrc]ソース

set number
syntax on
filetype plugin indent on
set laststatus=2
set statusline=%y


"""""全角スペースのハイライト設定
"[https://oki2a24.com/2019/02/22/attention-when-visualizing-double-byte-space-with-vim-and-error-when-failing/]
scriptencoding utf-8
augroup highlightIdegraphicSpace
  autocmd!
  autocmd Colorscheme * highlight IdeographicSpace term=underline ctermbg=Gray guibg=Gray
  autocmd VimEnter,WinEnter * match IdeographicSpace / /
augroup END
colorscheme default 



"""""文字化け対策
"全角文字が重ならないようにする設定[https://www.softel.co.jp/blogs/tech/archives/5890]
set encoding=utf-8
set fileencodings=iso-2022-jp,euc-jp,sjis,utf-8
set ambiwidth=double 


"""""auto fcitx(挿入モードからコマンドモードになった時、自動的に半角英数にする)
let g:input_toggle = 1
function! Fcitx2en()
   let s:input_status = system("fcitx-remote")
   if s:input_status == 2
      let g:input_toggle = 1
      let l:a = system("fcitx-remote -c")
   endif
endfunction

set ttimeoutlen=150
"Leave Insert mode
autocmd InsertLeave * call Fcitx2en()



"""""NeoBundlei設定
"[https://www.mk-mode.com/blog/2013/08/25/vim-install-neobundle/#"] 
set nocompatible    "viとの互換性をとらない(vimの独自拡張機能を使う為)
filetype off 

if has('vim_starting')
  " neobudle.vimの関数を呼ぶためにインストールしたディレクトリを指定
  set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim/
endif

call neobundle#begin(expand('~/.vim/bundle/'))
NeoBundleFetch 'Shougo/neobundle.vim'

"管理するプラグイン
NeoBundle 'Shougo/neocomplcache'
NeoBundle 'tpope/vim-fugitive'
NeoBundle 'gregsexton/gitv'
NeoBundle 'vim-scripts/sudo.vim'
NeoBundle 'open-browser.vim'
NeoBundle 'plasticboy/vim-markdown'
NeoBundle 'kannokanno/previm'
NeoBundle 'tyru/open-browser.vim'
NeoBundle 'thinca/vim-quickrun'
NeoBundle 'scrooloose/nerdtree'
NeoBundle 'MrPeterLee/VimWordpress'
NeoBundle 'tpope/vim-markdown'

call neobundle#end()
filetype plugin indent on
NeoBundleCheck



"""""open-browser 設定
"[https://easyramble.com/open-url-with-browser-from-vim.html]
let g:netrw_nogx = 1 " disable netrw's gx mapping.
nmap gx <Plug>(openbrowser-smart-search)
vmap gx <Plug>(openbrowser-smart-search)



""""""MarkDown設定
au BufRead,BufNewFile *.md set filetype=markdown



""""""vim-quickrunがpandocに文章を渡すための設定
"[https://kawahara-zakki.com/vim-markdown/]
let g:quickrun_config = {}
let g:quickrun_config = {
      \ "markdown" :{
      \ 'type': 'markdown/pandoc',
      \ 'cmdopt': '-f markdown+hard_line_breaks'
      \}
\}

HaLucina

シェアする