スパッタリーはナイスダマを狩るべきか否か

最終更新日

私がスパッタリーを使っていて判断に迷う時の1つに『ナイスダマ発動中の敵への対処』があります。

というのも、ブキの中でも最強のDPSを誇るスパッタリーのスライド撃ちですら相打ちになる場面が多いため、必ずしも狩れないことがあるからです。

以下動画のようにメイン性能1.4スパを使っていて、かつ発動と同時に攻撃を仕掛けたとしても狩るのがギリギリなんですよね。

 

そのため『他のブキもナイスダマ狩るの難しいのかな?』とか『そもそもナイスダマを狩るメリットはあるのか?』という思考を悶々としておりました。

今回は、それに対する自分なりの考えとナイスダマに対する自論を書いていきます。

 

 

ナイスダマを狩れるブキはどれくらい存在するのか

先ほども述べましたが『他のブキもナイスダマ狩るの難しいのかな?』という疑問があります。

『あ~誰かこの疑問を解決してくれる優しいElzaさんは存在しないかなぁ~……。』と呟いたらですね。

 

なんと!Elzaさんがわざわざ検証して下さったんですよ!

 

 

いやぁ、決して自分でするのがめんどくさい』だとか『遠回しに押し付けた』わけでもないのに……ホント素晴らしい方ですね。

尊敬します。まじリスペクトっす。

詳しい内容をここで語るつもりは無いので、検証の結果が見たい方は上記のリンク並びに動画視聴そして高評価を押しましょうね。

 

で、動画を見た感想なんですが『意外にも短射程組が強い』と思いました。

パブロとカーボンでも割ってキルできるんですね……。

長射程で唯一キルできていたのがハイドラ先輩しかいないですし、長射程組が一人で割ることは不可能に近いですね。

 

ましてや検証結果は『ナイスダマ狩りをする側は発動から、攻撃を始める』という条件ですからね。

発動してから1秒でも遅ければ、全てのブキが投げられる前に割ることは不可能でしょう。

まさにハイリスクローリターン。

 

正直なところ前々から『積極的にナイスダマを狩りに行くメリットは薄い』と思っていましたからね。

今回のElzaさんの検証によって、それがより確かなものとなりました。

したがって、ナイスダマ発動中の敵を攻撃するならば

  • 相手のナイスダマによる味方への被害やルール関与(エリアの打開など)の妨害を目的に攻撃をする
  • 周囲の状況と逃げ道の確保をしておくこと
  • もし狩れたのならラッキー

という意識で良いでしょう。

 

こんなにも他ブキでは狩るのが難しいと思っていませんでした。

そもそも、刺し違えてでも止められるブキ自体少なかったんですね。

今回のElzaさんの検証によって、改めてスパッタリーの優秀さを認知出来たことに満足です。

 

 

ナイスダマを利用する側として意識しておきたいこと

先程までナイスダマを狩る側の視点で考えていましたが、仮に自分がナイスダマを使う、またはナイスダマを使う味方がいる場合についても考えてみます。

例の検証動画は、1人だけでナイスした時です。

味方からのナイスも含めた場合は、基本それ以上に早く貯まるはずです。

 

したがって、ナイスダマ発動中の味方が狩られる可能性を下げるためにも『ナイス出来る時は積極的にナイスしてあげる』べきだと言えます。

もちろん、自分が潜伏中なら話は別ですが、万が一狩られる可能性を考慮するとナイスしてあげることがベストでしょう。

今まで若干めんどくさい時はサボっていたのですが、これからは自分の立ち回りに支障の無い範囲で連打しまくります。

 

また、自分がナイスダマを使うのであれば、真下に投げるより『敵の背後に投げる』方がキル出来る可能性が上がると思いました。

割ろうとする相手からすると、逃げる時は無意識に敵から遠ざかるはずです。

攻撃されると焦って敵がいる場所に投げてしまいがちですが、想像以上にキルされないことがわかった今『冷静に、敵の逃げ道を塞ぐように』投げてやるのがいいのかもしれませんね。

 

 

結論

総合的に見るとスパッタリーはナイスダマを狩ることが出来る優秀なブキでした。

しかし、積極的に狩るにしてはリスクが大きすぎる』といえます。

発動時にスライド撃ちを合わせられるなら狩っていいかもしれませんが、基本的には『相手のナイスダマをルール関与から逸らす』くらいの意識で、手を出したらすぐ逃げる準備をしておくべきかもしれません。

HaLucina

シェアする